BLOG

回答その2)思い込みを探る。未来をリアルに描く。

ライフコーチ・草花写真家、今村ゆかのブログです。

季節の草花の写真とともに、40代からの人生を自分軸で生きていきたいと思う女性たちへの心を磨くヒントをお伝えしていています。

 


Q.  はじめまして。

      自分ではそんなにストレスがあるとは感じていないのですが 間食がやめられません。

 

     50近くなると昔のようにダイエットの効果もすぐでず、また間食してしまい 

     身体も重く自己嫌悪。自分の身体の管理も出きないのかと、さらに落ちこむのに、

     その気持ちから逃れるようにまた甘い物を食べてしまう始末…

 

  このループから抜け出したいのですが…


   まりもさま(45〜49歳) 相談箱よりご相談いただきました


一つ前のご相談の回答の続きです。(前回の記事はこちら)

 

まず最初のアプローチとして

すぐ実行に移せるすぐできるアプローチを

ご紹介しました。

 

必ず達成できる小さな目標から取り掛かることで

小さな成功体験を積み重ねていけます。

 

わずかなことですが、

自己肯定感、自己効力感が高まるので

実はとても効果があります。

 

ただ、小さなステップでも

その一歩がなかなか踏み出せない、

という場合も多々ありますよね。

 

それには心と向き合う

根本的なアプローチが必要です。

努力するダイエットからの脱却とも言えます。

 

少し複雑な話になりますが

例を挙げながら説明していきます。

 

では早速心と向き合う「根本的アプローチ」をみていきましょう。

 

 

 

私たちは実は変わることを望んでいない

 

 

まずはじめに恒常性という言葉をご存知でしょうか?

 

 

人には「現状維持をしたい」という働きがあります。

この恒常性(ホメオスタシス)は

生物が生きていくためにはとても大切な機能です。

 

しかし、痩せたい!とか現状を変えたい!と思ってる場合には

このホメオスタシスは足を引っ張る邪魔者になってしまうことがあります。

 

つまりたとえ自分が意識の上では満足していない状態であっても

体にとっては居心地の良い状態として今の状態を変えたくないと作用してしまいます。

 

まずこのホメオスタシスによって変わることを断念してしまうのです。

 

 

 イラショナルビリーフ

 

 

そしてもう一つ、イラショナルビリーフやメンタルブロックと呼ばれるものがあります。

わかりやすくいうと不要な思い込みですね。

 

この思い込みにより

その思い込みにそぐった行動をとってしまうようになります。

 

ダイエットが失敗してしまう場合などでよくある例を挙げると…

 

大好きな人がふっくらしていて安心感があるとか

逆に苦手な人がやたら細くて美人さんだったりとか

(だからそうなりたくない)

痩せたらそれを維持するのに努力し続けなければいけないと思っている

太っていることで愛される(構ってもらえる)

などなど…

 

えぇ??と思うようなことを

実は心の奥底で感じている可能性があるのです。

 

このような思い込みは

普段自分ではなかなか気がつけないものです。

 

そして、ダイエットに関わることだけでなく

そのほかのいろんな場面でも影響を及ぼしています。

この自分の行動に影響を及ぼしている

イラショナルビリーフを知ることが

不本意なループを断ち切る根本的な鍵となります。

 

 

どれがその思い込みなんだろう??と

頭で考えても出てくるものではなくて

今までの経験などの中にそのヒントは隠されています。

 

 

行動を決める大事なポイントになるものなので

この思い込みに気がつくというのが

とても大切な行程になるのです。

コーチングのセッションの中では必ずと言っていいほど

行います。

 

自分と向き合う作業なので一人で行うのは

少し難しいですが、もしご自身でやっているなら

うまくできなかったなぁと感じることなどを

心に正直に掘り下げていくと

「これってひょっとしたら私の思い込みかも」と

気がつくかもしれません。

 

 

このように、実は心の奥底には現状を変えまいとする

ブレーキ要因がたくさん潜んでいるんですね。

 

なので、意志を強く持ってダイエットしたい!と思っても

なかなかうまくいかないということは大いにありえることなのです。

 

ではそれに対してどのように対処していったらいいのでしょうか?

 

 

 なりたいの先にあるものは何か?と知る

ここでもう一度ご相談に戻っての質問です。

まりもさんはどうして痩せたいと思うのでしょうか?

この質問について答えを考えてみてください。

どんな答えが出てきたでしょうか?

ここで出てきた答えは、本心のようで実は世の中の常識から作られたり

理想的な常識によって作られている場合が多いということ。

そこに頑張って自分を持って行こうとして

苦しんでいるのです。

そして、結果が出なくて落ち込んで…の繰り返しになって

「できない自分」という自己イメージを作り上げていく

それが負のループの正体です。

ではそのループを抜け出すにはどうしたらいいのでしょうか?

そのためにこの質問を繰り返してみてください。

今よりも体重を落として

食欲にも振り回されない自分になって

その先あなたはどうなりたいのか?

未来を思い描いてみてください。

もうそれが現実になったかのように

その時の自分の感情や温度、目に見えるものを

感じられるくらいに…。

この目標の先の未来を自分基準で

思い描けた瞬間に

まりもさんの行動は必ず一気に加速します。

ちょっとしたら、望む未来へ行くには

自分をコントロールして体重を落とすことが手段では

ないかもしれません。

でもこの本当に望む未来が描けると、

不思議なことに

目の前にある願望=食欲をコントロールして体もスッキリなりたい

も自然と叶います。

無理な減量や我慢の苦しみを手放せます。

根本的なアプローチは心を扱う部分なので

一人で行うのは正直少し難しい部分もあります。

 

なぜかというと、客観的な目がないと

自分と向き合う中にも思い込みが入ってしまうからです。

 

難しいですが、意識しなかったことで気づくこともたくさんあると思います。

すぐできるアプローチの小さなステップで自己効力感をあげながら

同時に自分自身の心と向き合ってみてくださいね。

 

2回にわたって相談箱にいただいたご相談にお答えしてみました。

 

私自身が体と心のバランスでとても苦しい思いをしたことがあるので

長くなってしまいましたが、

心と体のバランスは人生の後半戦の幸福度を左右する

鍵になる部分ですのでぜひ少しずつ取り組んでみてください。

 

 

ライフコーチ  今村 ゆか

ただいま、サイトをご覧いただいた方からのお悩みやご質問を受け付けております。

皆様のお悩みにコーチング や カウンセラーの視点からアドバイスを差し上げます。

40代前後からの女性が抱えている悩みというのは近い人ほど相談しにくかったりします。

個別相談の形ではなくブログを通して回答していきますのでお名前もメールアドレスも必要ありません

心の中でモヤモヤを抱えてらっしゃる方はお気軽にご利用ください。

メールマガジンでは、40代からの人生を肩の力を抜いて自分軸で生きていくための方法をお届けしています。ブログよりもう少し深い内容のご相談やメルマガ読者限定の情報などをお届けしています。登録はもちろん無料です。 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事 おすすめ記事

categories

archive

PAGE TOP