BLOG

不安のループを断ち切る簡単な方法〜40代からを自分軸で生きる

ライフコーチ・草花写真家、今村ゆかのブログです。

季節の草花の写真とともに、40代からの人生を自分軸で生きていきたいと思う女性たちへの心を磨くヒントをお伝えしていています。

まさかこんなことになるとは…

新型コロナウイルスでいろんなことに制限がかかり、世の中がすごい勢いで変わっていっていますね。


「新型コロナウィルス」という一つの脅威が問題の中心にあるわけですが、流行が世界中に広がり始めて数ヶ月。今のこの状況を皆さんはどんな風に感じているでしょうか?


いつもとは違う状況の中…

だんだんと気が滅入ってしまう。

不安で落ち着かない。

イライラしてつい周りに当たってしまう。

そんな方も少なくないのではないでしょうか。

そんな時に是非試していただきたいワークをご紹介しようと思います。


 どんな時に不安を感じる??
      

まず最初に、大前提として…

私たちはどんな時に不安を感じると思いますか?

 

1.  起きていることにわかってないことや不確定なことが多いとき。

2.  理想・予定通りにいかないのではないかと思うとき。

 

不安を引き起こす原因は色々とありますが、割とかんたんに、誰でも解消できるものを2つ取り上げてみました。この2つは大抵の不安には当てはまるのではないかなと思います。

 

例えばある日、ふと鏡を見て思います。

「私このまま歳とっていっちゃうの??」

その瞬間から、なんとなくモヤモヤ、落ち着かない、自分が嫌になってやる気が起きない、

そんな漠然とした気持ちに襲われて、だんだんとそのきっかけ(鏡を見たことがきっかけだったこと)すら忘れてしまって、一気に老けてしまったような気分に襲われたとします。

私自身も何度か感じてきましたが、40歳前後から割と頻繁に起こる不安なんじゃないかなと思います。

 

ここでちょっと考えてみてください。

とっても当たり前のことですが、まず事実確認。

 

鏡に映他自分をみた日にあなたは急に見た目に歳を取ったわけではないです。

 

でも、鏡を見たときに急に歳をとってしまったかのように感じてしまったんです。

ここで何が起きているかというと、

鏡を見たときふと我に帰った瞬間にあなたは自分の「今」を認識すると同時に

「このままいったら私きっとこうなっちゃう」と思ってしまった、のです。

 

では、その「きっとこうなっちゃうだろう」はどこから来るのかというと…

 その答えは

「あなたが考えた予想」なんです。

といっても、今まで自分の経験や一般的な情報から予測されることなので、なまじっか全部が妄想でもなく、「割と当たるであろう未来予測」という方がぴったりかもしれないです。

 

その「割とあたりそうなちょっと先の自分」が、自分が理想としている未来の自分のイメージはならないだろうな、とある意味自分で「確信している」から不安になり焦りを感じるわけです。

 

少しややこしい話になってしまったので、まとめると

 

今の自分(現状や行動パターン)

このまま続ける

自分が「こうはなりたくないな…」という状態(言葉は悪いけどオバサン化しちゃう)になる

 

これを実は確信しちゃってるのに、避けられないと「思い込んでいる」から不安になってしまう。

これが不安のループを生み出していきます。

では、この不安のループを断ち切るにはどうしたらいいのでしょう?

 


 不安のループを断ち切るための簡単ワーク
      

最初にもお伝えしたように、人はわからないものや不確定なものに不安を覚えます。

そして実は一番厄介なのが「頭ではわかってる」ってやつです。

実は「頭ではわかってる」ときが一番不安のループが回りやすいです。


頭でわかってるという状態は、意識にはあがっているけれど

それは事実なのか、

自分の妄想なのか、

あらゆる情報がごちゃごちゃになってしまっている状態です。

まずはあなたの頭の中にあることを「事実」と「妄想・予測(実際には起こってないこと)」に整理する必要があります。


これにはベタなやり方ですが、文字に起こす(書き出す)ことが一番効果があります。

今だったらメモアプリとかでもいいと思います。

1. 事実(実際にすでに起こっていること)

2. 妄想や予測(起こるかもしれないけど、起こらないかもしれないこと)

に分けて書き出してみましょう。


実は、ここまで終わっただけでも結構不安って解消されていたりしますが、もう少し続けます。


では次に…2.妄想や予測の方について、

A. かなりの確率で起こりそうなこと

B. 起こるかどうかほとんど確信が持てないこと

C. まぁ、まず起こらないだろうと思うこと


の3つに分けてみてください。

ここでのポイントは、A or Cに分類されるものには何かしらの理由があるということです

ここまでの作業が終わったら、それぞれの要素を見ていきましょう。


これまで書き出した項目は2つに分けられます。

● 対策が打てるもの=1と2-Aと2-C

● 対策が打てないもの=B


ここまで分別できたらだんだんと全容が見えてきましたね。


まずは対策その1 「2-C=まず起こらないだろうと思うこと」は切り捨てましょう!

この2-Cというのは最悪な事態であることが多いですが、まず起こらないだろうと今判断できるなら、今考えなくても良いことです。ゴミ箱に持って行ってしまいましょう。


次に、1と2-Aについての対策を考えていくのですが、こちらはとりあえず具体的な対策を考えていく必要があるので最後のステップで取り組むことにします。


そしていよいよここが一番のポイント。

2-B=対策が打てないものをどうするか!?についてです。

実は私たちの不安のループの一番の原因はこの「対策が打てないもの」なんです。

起こるかどうか確信は持てないけれど、起こるとすごく嫌。でも、今の自分にはどうしようもない。不確定でどう取り扱っていいかわからないからこそ私たちの心に不安をもたらすのです。

では、この不安のタネをどう扱っていけばいいか?


答えは、「対策が打てるものへ変換する」


対策が打てないものをもう少し掘り下げたり、分割したりして対策が打てる方に振り分けていくのです。対策ができない(したくない)として切り捨てるもよし、できることだけでも対策を考えてみようと決めて対策できる方に振り分けてもよし。


つまり、どっちつかずの状態のまま頭の中や心の中を支配させない対策を取るということです。


ここまでくれば、不安は不安ではなくてこれから考えていく「事」になっています。

あとはできることを具体的に考えていく作業だけです。

・まずはファクターを書き出す→「事実」と「妄想や予想」に分ける

・対処できるかできないかに分ける

・その上で対処できるものを細分化して対処法を考えていく

あらゆる不安やモヤモヤを解消する基本のワークですのでぜひ試してみてください。

だんだんと心に不安を解消するコツがわかってきて心が軽くなりますよ。

ただいま、サイトをご覧いただいた方からのお悩みやご質問を受け付けております。

皆様のお悩みにコーチング や カウンセラーの視点からアドバイスを差し上げます。

40代からの悩みというのは近い人ほど相談しにくかったりします。

個別相談の形ではなくブログを通して回答していきますのでお名前もメールアドレスも必要ありません

心の中でモヤモヤを抱えてらっしゃる方はお気軽にご利用ください。

メールマガジンでは、40代からの人生を肩の力を抜いて自分軸で生きていくための方法をお届けしています。ブログよりもう少し深い内容のご相談やメルマガ読者限定の情報などをお届けしています。登録はもちろん無料です。 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事 おすすめ記事

categories

archive

PAGE TOP